「社会福祉法人の役員基準」の記事一覧

社会福祉法人理事の基準

社会福祉法人の役員基準

理事は、社会福祉事業について熱意と理解を有し、実際に法人運営の職責を果たし得る人であり、下記の要件が定められています。 ① 理事の定数は、6人以上とすること。 ② 理事には社会福祉事業について学識経験を有する者又は地域の・・・

理事会の役割と権限

社会福祉法人の役員基準

社会福祉法人は、理事会の決定によって運営されます。 理事の中から理事長を選出し、原則として業務執行権限は理事長が有します。 評議員会を設けている法人であれば、理事会が評議員会に諮問して、法人の運営を進めていく流れとなりま・・・

社会福祉法人監事の基準

社会福祉法人の役員基準

監事は法人の監査機関です。 下記のような要件が定められています。 ① 監事の定数は、2名以上とすること。 ② 監事のうち1人は、社会福祉事業について学識経験を有する者又は地域の福祉関係者であること。 ③ 監事のうち1人は・・・

評議員会

社会福祉法人の役員基準

社会福祉法人は公共性の高い組織ですから、多くの関係者の意見を聞き民主的に運営していく必要があります。 そのため、評議員会を置く義務があります。 ただし、次に掲げる事業のみを行う法人にあっては、この限りではありません。 ○・・・

ページの先頭へ