有料老人ホームを設置するには、届出が必要です。

が、NHKのニュースでは、無届施設が全国で1000件以上はあると報じていました。

なぜ届出をしないのかという点については、人員や設備面で基準を満たせない施設が大半と言われています。

届出をしなくても、きちんとサービスを提供できていたら良いかもしれませんが、無届施設で火災が起こった際に防災設備に不備があったり、中には劣悪なサービスを提供している施設がありました。

無届では、行政が把握できないのです。

ただ、既存の施設に入れない方々の受け皿になっている事実があります。

特養ホームに入れない、施設の数が少ない、費用が高い、といったニーズを解決していくことが、無届施設の減少に寄与するでしょう。