有料老人ホームの種類

設置・運営ができる有料老人ホームの種類は下記があります。
・ 介護付有料老人ホーム(一般型の特定施設入居者生活介護等の指定を受けた有料老人ホーム)
・ 介護付有料老人ホーム(外部サービス利用型の特定施設入居者生活介護等の指定を受けた有料老人ホーム)
・ 住宅型有料老人ホーム(外部の介護保険サービス等を入居者自ら直接に契約して利用する有料老人ホーム)
・健康型有料老人ホーム(介護が必要になった場合、退去する有料老人ホーム)

有料老人ホームの設置・運営に関しての遵守事項

  1. 入居者の福祉を重視するとともに、安定的かつ継続的な事業運営を確保していくこと
  2. 介護サービスを提供する有料老人ホームにあっては、より一層、入居者の個人としての尊厳を確保しつつ福祉の向上を図ること
  3. 老人福祉法の帳簿の作成及び保存、情報の開示、権利金等の受領の禁止並びに前払金の保全措置及び返還に関する規定を遵守し、入居者等に対しサービス内容等の情報を開示する等に努め、入居者等の信頼を確保すること。
  4. より高い水準の施設運営に向けて努力すること。
  5. 介護保険法の指定を受けた事業者は、本指針の規定によるほか、「法令の規定により条例に委任された基準等に関する条例」又は政令市・中核市を除く市又は町の条例で定める「指定地域密着型サービスの事業の設備及び運営に関する基準」のうち、当該施設に該当する基準を満たすこと。

 6.入居時に終身にわたり有料老人ホームを利用するための費用については、一時金として徴収する利用

  権方式ではなく、建物賃貸借方式によること