はい、平成28年3月31日に成立した法においては、地域における公益的な取り組みを実施する責務が規定されました。

無料または低額な料金で福祉サービスを提供することが責務として規定されていますので、順次実施していかなければいけませんが、たいていの法人では従来から何らかの取り組みを行っているものです。

今後は、事業内容や実施頻度等を記録に落とし込んでおくことが大切になっていくと思われます。