ワンイヤールールとは、貸付金、借入金等の債権債務の基準です。

決算日の翌日から、入金や支払い期日が1年以内であれば流動資産・負債に、1年を超えるものは固定資産・負債に会計処理をするルールのことです。