社会福祉法人は、社会福祉事業を行うために必要な資産を備えなければなりません。
社会福祉法人は、社会福祉事業という公益性の高い事業を安定的・継続的に経営していくことが求められています。

そのため、安定した経営基盤が求められますのです。

前述の役員要件もありますので、社会福祉法人設立のハードルが高くなっている要因ではありますが、公益性の観点からは当然という気もします。

社会福祉法人は原則として
① 社会福祉事業を所定の基準に従って行うのに必要な施設を所有していること、又はその目的を達成するように使用できる使用権が確実に設定されていること。
② 事業経営に必要な最低限の運用資産があること。また、これを確実に生み出しうる財源があること。

以下で、要件の解説していきます。