社会福祉法人は、理事会の決定によって運営されます。

理事の中から理事長を選出し、原則として業務執行権限は理事長が有します。

評議員会を設けている法人であれば、理事会が評議員会に諮問して、法人の運営を進めていく流れとなります。

通常、理事会と評議員会を同時に開催している法人が多いと思います。

 

〇理事会の議決事項の例

  1. 予算、決算、事業計画
  2. 金銭の借入、重要財産の取得や処分
  3. 定款変更
  4. 合併、解散
  5. 規則の制定や改廃
  6. 施設長の任免等の重要人事
  7. 役員報酬
  8. その他