監事は法人の監査機関です。

下記のような要件が定められています。

① 監事の定数は、2名以上とすること。
② 監事のうち1人は、社会福祉事業について学識経験を有する者又は地域の福祉関係者であること。
③ 監事のうち1人は、財務諸表等を監査し得る者でなければならないこと。
④ 当該法人の理事、評議委員及び職員又はこれらに類する他の職務を兼ねていないこと。
⑤ 監事は、他の役員等と親族等の特殊な関係がないこと。
⑥ 当該法人に係る社会福祉施設の整備、運営と密接に関係する業務を行う者でないこと。

⑦ 関係行政庁の職員が含まれていないこと(社会福祉協議会・社会福祉事業団の場合は除く)。