社会福祉法人とは、社会福祉事業を行うことを目的として、社会福祉法が定めるところにより設立される特別な法人制度です。

昨今、内部留保や同族による不透明な経営問題が何かと話題ですが、元々は救貧や母子家庭、障害者や高齢者を支援する事業等を行政代替的役割で担ってきた歴史があります。

社会福祉法人の設立は、原則として直ちに社会福祉事業が開始できる場合に限り認可されるものです。

また、社会福祉法人は、営利を目的とするものであってはならないだけでなく、極めて公共性の高い公益法人として適正な運営が強く求めらます。

そのため、行政から定期的に指導監督が行われ、指導や行政処分の対象となっています。