デメリットと言うべきかはわかりませんが、非営利であり、さまざまなメリットを与えられている社会福祉法人は、以下のように多くの制約を受けます。

  1. 行える収益事業に制限がある(例 風俗営業などはできない)
  2. 利益配当は認められない(例 個人に配当できない)
  3. 残余財産は国や他の社会福祉法人に帰属する(例 個人に帰属させられない)
  4. 役員報酬に制限がある
  5. さまざまな報告を行政庁に行い、監査を受ける(本当に提出しなければならない書類が多いです)